ファインバブルの見つけ方

進化する計測技術で「見えない」泡が「見える」ようになりました。

ファインバブルにはとても小さく肉眼で見えない泡があるため、さまざまな可視化あるいは計測技術が工夫されています。
マイクロバブルは水中に多数あれば白濁します。水に色や濁りがなければ顕微鏡などを工夫すれば観察や計測ができます。

ウルトラファインバブルは水中に大量にあるときでも無色透明です。これは主なウルトラファインバブルのサイズが可視光線(肉眼で見える光)の波長よりも小さいため、ウルトラファインバブルに当たった光がほぼ散乱(ウルトラファインバブルに衝突して光が曲がる)せずに素通りし、見ている人の眼に届かないためです。

それでは、「見えない泡」であるウルトラファインバブルをどうやって「見える」ようにするのでしょうか?

レーザー光線を使ったウルトラファインバブルの「見える化」

写真提供:IDEC株式会社

左:ウルトラファインバブル(UFB)水
右:超純水

どちらも無色透明に見えますが、レーザー光線を当てるとウルトラファインバブル(UFB)水のほうはレーザー光線が浮かび上がります。

それはなぜでしょうか?

レーザー光を当てるとUFBの気泡によってレーザー光が散乱するため、その軌道を確認することができるようになるためです。

このように、近年では可視光線よりもっと波長が短いレーザー光線を使ったウルトラファインバブル計測技術が開発され、水中に漂うウルトラファインバブルの量や大きさを計測できるようになってきました。

計測技術の確立でファインバブル製品・サービスの信頼性評価も可能になりました。

ファインバブル産業会(FBIA)では、ファインバブルの性能関連の規格をつくり、それに基づきファインバブル製品・サービスの認証・登録をしています。このマークがついている製品、サービスは消費者に対して信頼性を保証しています。ファインバブルが「見える化」された「認証・登録マーク」をつけた製品・サービスで安心を。

ファインバブル産業会認証登録制度はこちら

登録マーク