入会のご案内

直接的メリット

産業会に参加すると、会員間(企業会員のみならず、学会関連の個人会員も含む)での情報共有が可能になる他、産業会の各種活動に参加することが可能となり、ファインバブル製品、サービスの開発促進、市場拡大が図れます。
具体例は以下の通りです。

1.国際標準化活動の参加することで、戦略的市場開拓、市場拡大が可能となります

  • ISO/JISの規格策定プロセスに直接参加できます。(自社データでの規格提案も可能となります)
  • 標準化により自社保有技術の市場浸透が可能になります。
  • 規格策定プロセスを通じて、利用側ニーズを反映することが可能になります。
  • 製品、サービスの国内外販売が容易になります。
  • 規格化による、部品調達/組立等のコスト削減が可能になります。

2.FBIA認証制度(登録制度)への参加及び制度作りに参加が可能になります

  • 製品登録制度、ファインバブル性能認証制度等に制度構築/改訂プロセスで参加が可能です。
  • 同上制度が割引料金での利用が可能です。
  • 認証作業等を通じて最新の計測技術の情報等も取得が可能になります。

3.ファインバブル技術開発支援を受けられます。

  • 「国プロ」等への参加が可能になる他、既存国プロの開発情報へのアクセスも可能になります。
  • 会員間の技術情報交換会への参加が可能になります。
  • 計測技術を中心としたセミナー等への参加が可能になります(会員価格での参加が可能です)

4.商標利用が可能になります。

  • 商標「ファインバブル」「ウルトラファインバブル」の利用が可能です(正会員は無償)
  • FBIAロゴ((一社)ファインバブル産業会産業会会員)としての利用が可能です。

5.情報収集、発信が効率的にできます

  • 国際シンポジウムへの参加(展示含む)が行えます(会員価格)。
  • 展示会等での宣伝活動が効率的にできます。

間接的メリット

産業会の共同事業による間接的メリットも多数あります。

  • 新技術情報の入手が容易になる。
  • 関係の研究者や技術者との交流が図れる。
  • 国際シンポジウム開催により、世界の動向を入手可能。
  • 大学や各種研究機関との連携促進が可能。
  • 発生器、計測器、アプリ企業、システム企業間で情報共有が可能。
  • 異業界との連携による共通技術開発により、部品・装置の大量製造によるコストダウンが可能。
  • ビジネスエコシステムとして、川上から川下までの状況や情報を共有可能。
  • テーマに応じて産業化を加速する共同実施者を容易に探索可能。

①会員の種別

「正会員」、「賛助会員」の2種がございます。

正会員

会の運営に参加できます。(理事等を選任し、自身もご就任頂くことがあります)
各種委員会含む全ての事業に参加出来ます。
認証等が割引料金で利用可能です。
商標が無料で使用可能です

賛助会員

各種講習会等にご参加頂けます(委員会活動オブザーバ参加のみとなります)
認証等が割引料金で利用可能です。
商標が割引料金で利用可能です。

②会費

正会員

80万円/年(入会金も同額となります)

賛助会員

30万円/年(入会金も同額となります)

会計年度

4月~3月

初年度会費は、月割りで計算します。
会費は非課税です。